ヨガの種類

ヨガの種類

ヨガは本来はヒンドゥー教や仏教、バラモン教など宗教的な修行の一つでした。
ヨガには様々な流派や種類があります。
ポーズを取らない非アーサナという流派もありますが、現代はポーズを重視したエクササイズ的な側面を持ったヨガが主流です。

 

ハタヨガ

ハタヨガは、さまざまなヨガの流派のルーツとされています。
ポーズと呼吸法を組み合わせた最初のヨガと言われています。
ハは太陽・吸う息、タは月・吐く息を意味しています。
初心者の人も取り組みやすいヨガです。

 

アシュタンガヨガ

アシュタンガヨガはもっとも運動量が多いヨガと言われています。
現代では、決められたポーズを途切れることなくとっていきます。
ウジャイ呼吸という呼吸法やドリシティというポーズごとに決められた目線なども細かく決められています。
これによって集中することができ心と身体を浄化することができます。

 

アイアンガーヨガ

アイアンガーヨガはプロップスやベルト、ヨガブロックなどの道具を使用するヨガです。
道具を使うことでポースを正しくとり、ヨガの効果を最大限に引き出すことができます。
長時間ポースをキープすることを重視しているので、集中力を高め、自分と向き合うことができます。
瞑想を重視しているので、体力に不安がある方や高齢者も実践できます。

 

パワーヨガ

パワーヨガは決まったポーズを順番に沿ってとっていくアシュタンガヨガをベースとしていますが、一つ一つのポーズの時間が短く、ハタヨガの要素も取り入れています。
エクササイズを目的としているので、ハードな動きが多いです。
ダイエットや筋肉強化としての効果もあります。

 

ホットヨガ

高温多湿の室内でハタヨガのポーズを組み合わせて行うヨガです。
高温の環境は筋肉を柔軟にする効果があるので、ポーズを取りやすく、ケガもしにくくなります。
また、新陳代謝が悪くてなかなか汗がかけない方でも大量に汗をかくことができます。

目次